アクセスランキング
スポンサードリンク

2006年08月03日

ジェット証券

 ジェット証券はマザーズ上場のサイバーエージェントが出資しているオンライン専業証券会社です。

オンライン証券特有の徹底した合理化を追求する事により、低価格料金を維持しています。

 口座開設申込時の対応は非常に早かったのですが、どうも書類をチェックする人間は

アルバイトらしく、私の丸印はシャチハタと勘違いされてしまって一度書類が戻ってきました。

朱肉の色さえ見分けられない素人を金融・証券業界で使うのはどうかと思う

そこまでやって経費節減して、意味があるとは思えない。


 ジェット証券IPO申込は、前受け代金が不要というところが魅力です。

まぁ、代金システムは野村と同じだとお考えください。当然ながら、当選したら

金は必要になりますが、当選するまで資金が不要というのは、資金力が少ない人には

超お薦めな証券会社だと思います。

 ただし、こんな零細ネット証券では、まともに幹事会社を努められませんので

IPOの配分は委託販売団からの割当になりますから、数しては雀の涙程度だと覚悟して

申し込むべきだと思います。

 個人的な妄想というか想像では、当たる確率は野村證券と同じくらいだろうと

勝手に思い込んでいます。

 しかし、資金の少ない若い投資家さんたちは、必ず口座開設すべき証券会社の一つ

だと断言することができます。何と言っても、元手無しでIPOが申し込めるのは

野村證券とジェット証券くらいのものですから。


と、最初に記事を書いてから3ヶ月ほど経過した11月に追記すると

 正直に書くと、ジェット証券のIPOは、現状では無に等しい状況です。この3ヶ月ほど

私が実際に申し込めたのは、2社にとどまっています。そのうえ、その2社の引受株数も

合計4株とか、そんな天文学的に少ない株数なので、こんなの宝くじより倍率は

高いと思われます。

 上の記事で、前受金が不要だから絶対口座を開いた方がお得だ、みたいな文章を書きましたが

実際、引受自体が極めて少ないうえ、その引受自体も幹事会社自体にそもそも

入っていませんので、時折ジェット証券のホームページで取り扱いIPOがあるかどうかの

チェックをしなければなりませんので、正直に書くと、超時間の無駄というのが

今の率直な感想です。

 わたし個人は、最近ではジェット証券のホームページチェックもしていません。

 こんな状況ですから、よほど根気強い気長な人以外は口座を作るだけ無駄な労力だと思います。





『価格.com』で証券会社徹底比較!手数料?注文方法?

posted by キョウ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 証券会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21878191

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。