アクセスランキング
スポンサードリンク

2006年06月11日

楽天証券

楽天証券の解説です。
つーか、解説できるほど取引してないのですが・・・

IPOの引受はまだまだ少なめです。
それに、引き受け株数も極端に少ないので
競争倍率は厳しいものがあります。
それに取引実績がないと、IPOには申込みさせて
もらえません。当選確率は取引実績でランク分けされていて
ゴールド 5倍、シルバー 2倍、レギュラー 1倍
というふうになっています。玉が少ない上に、レギュラーだと
当たるような気がしなくて、私自身は、楽天でのIPOは断念しました。

マーケットスピードは、プロの投資家に匹敵するトレーディングツール
として、個人投資家にも人気があるそうです。
ただ、これも、イートレードのハイパーイートレードと同じようなツール
ですから、IPOが当選しやすいイートレの方に
軍配が上がるかと思います。

まあ、私が楽天を使わなくなった理由は、使ってた当時、楽天のサイトが
何度もダウンしてしまったという事情もあります。
金融庁の指示等あったことと、相場が下降気味でもあり
最近ではフリーズしたという話しは聞きませんが、ネット証券で
ネット使えないなんて、株やってる人間には・・・論外もいいとこです。

ただし、楽天本体が大きくなり、楽天証券も安定してくると
IPOも少しずつ増えていくものと思われます。





東証一部上場カカクコムのオンライン証券比較です。
私の比較などより、よほど正確かもしれませんが
こいつを不用意に踏むと、私に小銭が転がり込みます。
お気をつけください(笑)わーい(嬉しい顔)

posted by キョウ at 07:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 証券会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽天のIPOはデイトレードされている方が資産家でないとなかなか辛いですね。
Posted by Hiro at 2006年06月11日 13:56
楽天だと、資産家でも無理だと思います。
玉が少なすぎるし・・・
それに利息も付かないのに、大金を当たりもしない
楽天で眠らせる人なんていないと思います。
最終的な利回りを計算すると無意味です。
Posted by キョウ at 2006年06月12日 09:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。