アクセスランキング
スポンサードリンク

2006年06月09日

マネックス証券

マネックス証券は、ソニーの協力で設立されたマネックス証券と、
日興コーディアルグループの日興ビーンズ証券が、2005年5月に
合併したネット専業証券です。

IPOの引受件数は、06年現在イートレードと同じくネット証券では
ダントツの多さを誇ります。

ブックビル抽選方法は機械的に公正に行われていると、会社側は
発表しています。ただ、一度の引き受け株数が少ないので
確率的には1lとか、そんな感じの当選確率だと思います。
ただ、申込口数等は関係ないみたいなので、一口分の資金さえ
用意できれば、後は金持ちも貧乏人も関係なく平等にクジで決まります。

このサイトの管理人は、一度も当選した経験はありません。
この記事を書いている06/6/9より再チャレンジしました。

過去の戦績では、05年8〜12月の申込で全滅でした。
そのため、取引した経験はありません。
手数料は業界最低水準だと思います。


 追記

2006年6月から再参戦して、いきなり当選しました。
思うに、三菱UFJ証券以外の大手証券会社でIPOを申し込むくらいなら
マネックスで申し込んだ方が、当選する確率は高いと、やっと最近になって
理解できるようになりました。

それと、マネックス証券に口座を開くと、フィスコのIPOナビで、
銘柄紹介・ブックビル考察・初値予想・初値分析 を閲覧することができます
店頭との取引が無い人は、マネックス証券で情報収集してみるというのも、一つの手だと思います。
 口座開くだけならタダですからわーい(嬉しい顔)

あと、ネットバンクを使った資金移動は、かなり快適に動かせます。

  マネックス証券PR



これからインターネット取引するならマネックス証券

・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ

・逆指値でリスク管理もラクラク

・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます

・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!



かなりいい加減なレポートなので、こちらでも見て
よく学習してください。↓↓↓↓



東証一部上場カカクコムのオンライン証券比較です。
私の比較などより、よほど正確かもしれませんが
こいつを不用意に踏むと、私に小銭が転がり込みます。
お気をつけください(笑)わーい(嬉しい顔)

posted by キョウ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 証券会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19049774

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。